振動制御システムについて

 スプリングサポートシステムは以下のような用途で使用されています。

  • 防振用として
    鍛造ハンマーおよび金属プレスへの対策用に標準的な技術として。または同様技術を利用して発電所に見られるタービン、ボイラー、ポンプ、石炭ミル、ファンやディーゼル発電機の対策として
  • 除振用として
    近隣の交通や産業からの振動および地震や風から発生する振動より重要設備や構造物を保護する用途として
  • 特別な用途として
    建物の沈下、変形への対策やコンデンサーや伝送パイプへの熱変形対策として

幣社のシステムはスプリングエレメントと粘性ダンパーViscodampers®の組み合わせを基準として構成されています。スプリングエレメントは自社設計の高品質らせんコイルを使用します。
スプリングエレメントとして以下の3種のタイプがあります。

  • 予備圧縮可能なエレメント:複数のスプリングを均質な高さになるように保ちながら所望の圧縮を加え固定することが可能です。このように固定されたスプリングエレメントは剛支持となる為、その上に構造物や機械設備を設置することが可能です。スプリングエレメントの設置作業が終了するとエレメント活性化され振動制御を開始します。エレメントの位置合わせや調整は支えている構造物や機械設備を持ち上げることなく実施することが可能です。
  • 調整可能なエレメント:エレメントを設置した後に、支えている構造物や機械設備を持ち上げることなくエレメントを調整することが可能です。


  • 予備圧縮不可能なタイプ:エレメントを設置した後に、支持レベルを調整するためには支えている構造物や機械設備を持ち上げることが常に必要となります。

エレメントを固定する方法としては、弊社より提供する自己粘着パッドを利用することが可能でこの場合通常エレメントの上部下部共にボルトは不要です。

エレメントやエレメントを支えるハウジングに対して高品質なさび防止対策がなされています。

弊社のスプリングエレメントの多くは関連当局より特定のアプリケーション用として公的に認定されています。

GERB Viscodampers® は粘弾性エレメントで構成され全自由度において有効に動作します。発生する減衰力は上部にあるピストンと装置全体を支えるハウジングとの間の相対速度と比例します。このようなViscodampers®は以下のように使用することが可能です。

  • スプリングエレメントと並行に独立して設置すること
  • スプリングエレメントと一体化して設置すること(スプリングとViscodampers®のコンビネーション)

特定のViscodampers®は原子力発電所向けの認定エレメントとしてもまたはデリケートな構造物への対策としても使用することが可能です。

GERBではエレメントの納入設置作業をすべて弊社で行うフルインスタレーションサービスをご提供しています。これにはスプリングエレメントとViscodampers®の位置合わせおよび調整作業が含まれます。またお客様のご要望によってスーパーバイザのみを派遣しお客様が作業を実施することも可能です。弊社では6,000tまで対応可能な油圧ジャッキを有し、様々な基礎や設備を引き上げることにも対応しております。

GERBでは環境評価および改善のためのアドバイスや一定条件下での振動レベルの予測を行うために測定作業を実施することも可能です。

GERB EN ISO9001の認定を受けています。